宮田毛織工業 株式会社

会社の特徴

  • 日本だけでなく海外からも支持されている
    宮田毛織ならではの多種多様なニット生地

    60年以上の歴史を持ち、尾州地区最多の編み機保有数を誇るニット生地メーカーです。編み機は多種多様で、ローゲージ機からハイゲージ機、ベロアカットやボーダー、目移しタイプ、世界に3台しかない特殊なジャガード機など、その種類は40以上にも及びます。さらに、各地域の糸メーカーと連携してウール・綿・麻・合繊など幅広い素材の糸を編み合わせることによって、ジャンルに捉われない独自の生地づくりに取り組んでいます。そんな特徴的な宮田毛織の生地は、国内だけに留まらず海外からも支持されており、著名なビッグメゾンへの販売実績もあります。
    また、本社には図書館のように大きな棚の並んだ圧巻の資料室があり、膨大な種類の生地ハンガーが保管されていています。長年ニット生地の製造販売に特化してきたからこそ蓄積されたその資料群やノウハウは宮田毛織の大きな強みです。

取扱商品

  • 一推し素材の“ジャガード編み”とは?

    編み立てによる柄組織の総称です。主に、色糸や凹凸で柄が表現されます。宮田毛織が保有するほとんどの編み機でジャガード組織の編み立てが可能となっており、大量生産には真似出来ない様々な柄の生地の少量多品種生産が得意です。生産しているのは尾州産地の得意分野であるウール素材が中心ですが、綿や合繊を使用したものなど、生産できるジャガード生地のバリエーションは多岐に渡ります。

名物スタッフ

  • ― あらゆる編み機のセッティング調整をこなすエースエンジニア ―
    奥村大樹さん(丸編み機械のセッティング技術者)

    ★奥村さんからひと言コメント:
    「30代前半なので、まだまだ未熟。いろいろ経験して皆様のご希望に沿う商品を編み低用紙、ニットを増やして頂きたいです。」
    ★奥村さんのおすすめ商品:
    520NY-9344 プリント風ニットジャガード


    ・・・同僚からみた奥村さん
    「客先からオリジナルニット商品を依頼されて原料から、編み機から奥村くんに相談して適正なゲージに合う機械で試作サンプルを作り。アドバイスがあり頼りにしています。」(営業/山田さん)
    「お客様からの依頼のジャガード図案作成・弊社オリジナルの図案作成した柄を奥村さんと打ち合わせしてイメージに似合う機械セッティング頼りになるお兄さんです。」(企画/西田さん)

会社情報

会社名 宮田毛織工業株式会社
所在地 愛知県一宮市定水寺字小脇15番地

商品情報

  • fably basic

    メーカーストック商品

    在庫をランニングしているので必要時にクイックに対応。

  • fably plus

    バイオーダー対応商品

    専門オペレーターがサポート。じっくりこだわりのものづくり。

表示モード: スマートフォン | PC